色々知りたい法律事務所

色々知りたい法律事務所

色々知りたい法律事務所TOP

こんにちわ、ようこそ色々知りたい法律事務所へ

みなさんは突然のトラブルがあった時、どうしていますか?大体はご自分で解決すると思いますが、もし自分では解決できない・難しい法律の事でわからない、という事になった場合にはやはり、相談に乗ってくれる相手が必要だと思います。

でもいざという時に「事件の処理をお願いしたい」「弁護士に相談する」「だれに法律の事を相談すればいいのだろうか」となると、法律の事を知っている人は、なかなかいないと思います。そんな時に法律事務所に相談に行くと思います。

しかし法律事務所と聞いても、「法律事務所ってなんなの?」「法律事務所の人ってどんな仕事をしているの?」どうも普通の人々とは関連のない相談しに行きにくいイメージもあるかもしれません。ですが、実際は誰の役にも立ってくれる、身近な存在なのです。

法律事務所とは

法律事務所は、弁護士が法律業務を行うための事務所の事です。そのため、最低でも弁護士1人が勤務していなければ、法律事務所と名乗ってはいけないのです。

法律事務所の規模はさまざまで、弁護士が数名程度の事務所もありますし、弁護士が数百名という大規模な事務所も存在しています。法律事務所では、訴訟に関するアドバイスや、依頼主の書類作成、法的な書類の手続きなどの業務を主に行っています。

その業務以外にも、弁護士の業務は多岐にわたっていて、日によっては多忙を極めます。そのために、パラリーガルという補助のスタッフや、弁護士秘書を雇うことも多いようです。

暮らしのトラブルから守る

弁護士と聞くと、民事裁判の代理人や刑事事件の弁護人を思い出してしまいますが、法律事務所の業務というのは、事務所内だけはに留まりません。

弁護士の実際の仕事内容は幅が広く、裁判だけではなく、社会に起こった色々なトラブルを当事者に代わって交渉して解決したり、商取引等の様々な法律的な問題を事前に解決したり、契約書等の各種法律文書を作成したり、依頼主の所まで出張して相談を行ったり、時には相手先や裁判所まで足を運ぶ事もあります。企業同士の大きな案件から民間のちょっとしたトラブルまでも対処をしています。その業務は広範囲にわたります。もし普通の仕事をしていたとしてもトラブルはつきもの!弁護士は法律のプロなので、とても頼もしい存在になるのです。

また、民事・刑事だけに関わらず、法律が適用される事件や訴訟が必要な場面には、弁護士の力というのが不可欠です。法律関係とだけ聞くと、何か堅いイメージや私達一般の人にはあまり関わりのない事、と思われる方もいるでしょう。しかし、法律は人々の普段の暮らしを守るために決められたルールの事です。

上手くトラブルを解決するために法律は存在しています。弁護士と法律事務所は、その法律を詳しく理解して、利用者の力になってくれるのです。弁護士は、事件当事者の依頼に基いて、裁判等の法律事務を行うことを職務としているのです。

pickup

印鑑を象牙で

オーダーカーテンの注文

世界からセレクトした帽子の通販

リサイクルマート平岡店|札幌市清田区のリサイクルショップ・買取店

mixcdを作成